スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

連休中締め(なかじめ)

金曜日(8月4日)から3連休を取っています。7月いっぱい続いていた人手不足による早出が収束し、ようやく本来のペースに戻ったのでリフレッシュをしようかと。
しかし、連休→撮影旅行→18きっぷ、という連想から抜けられず欲求不満は溜まるばかり。
4日
溜まった洗濯物を洗濯して干す。取り込んでそのままにしてあったシャツにアイロンをかける。フィルムをスキャンする。ズボンをクリーニングに出し、その脚で米を買って帰る。午後、新宿にフィルムの買い出し。池袋駅での乗り換えが鬱陶しかったので、有楽町線を市ヶ谷で下りて都営新宿に乗る。ヨドバシでFORTEPAN400と初めてFORTEPAN100を買う。パトローネ品はどの銘柄も1本420円前後(税込み)でしばらく行きそうな気配。マップカメラを覗くも、これといったもの無し。デジカメ店のほうをリニューアルしたとかで、1階入り口には花も飾られていたのだが、その飾り花から百合かなにかの、まだ開いていないものを大量に抜き取っているオバチャンに遭遇する。さも当然といった顔で抜き取っているので、店の人か、あるいは花屋自身なのか、と一瞬(多分1/500s位)思ったのだがやはりあれは「抜き取り」なのだろう。上の階でペンタックスの中古をチェックして下りてきたら、最早ひとつも蕾は残っていないのだった。
何故か通勤鞄をそのまま持って出たのでしかたなく携帯電話(会社貸与)をチェックすると、数件の着信。炎天下の新宿の路上でビジネストーク!馬鹿である。
その後、東口へ移動。アルプス堂を覗くとAuto50/1.4が安い。以前は高めだったAi50/1.8系も値段が下がってきている。しかし、買っても使わないこと確実なのでパス。そのほか特に珍しいものはない。ジャンクに2眼レフが出ていたのでいじくってみる。欲しいけれど大して使わないだろうし、何よりアウトプットが無い(スキャナか引き伸ばし器)のでどうしようもない。まあ、ローライ以外の2眼レフははっきり言ってガラクタ化しているのだから、ここで金を落としてももったいないというものである。
時間があったのでキムラもチェック。キタムラの傘下になってから初めてかも知れない。ここもこれといったものは無かったのだが、諦めていたF−801用のプリズムマットがあったので買って帰る。本当はF3の望遠マットが欲しいのだけれどF3のスクリーンで使えるモノは本当に見られなくなった。全面プリズム(プレビューで被写界深度がわからない)とか特殊用途のものならたまに見かけるが。
戻って紀伊国屋へ。先日ブックオフで買ったある新書が下巻だったので、その上巻を探すためだ。検索台にて探すとすぐに見つかった。便利だけれど背表紙を丹念に調べてともすれば寄り道読書(立ち読みだけど)になってしまっていた昔のほうが良かったような気もする。次いでに岩波現代新書1冊。近くに古本コーナーがあって驚く。紀伊国屋でもこんなコーナーを作らざるを得ないのか!絶版・品切の文庫を並べてあって、コンデションは悪かったのだが以前から探していたものが見つかったので喜んで買って帰る。レジの女の子が可愛らしかったのでさらに喜んで店を出る。本屋の娘は色白黒髪眼鏡の3条件さえ揃えば、あとは多少呂律(ろれつ)が怪しくても俺的にはOKである。
少し早かったが思い出横町の端にある松之屋で夕食。ビールのタダ券があったからなのだが、結構人が入っているように見えてどうも何となく苦戦している模様である。連れがあるなら横町の焼鳥屋で飲んだ方が楽しいからだろう。

5日
昨日に続いて好天。というか炎天猛暑。予想気温は体温並とか。例によって午前中は洗濯。昨日大体片づけたので、布団から敷布と掛布を外して2回にわけて洗う。掛布のほうはガーゼっぽい造りで干して1時間で乾燥終了。まだ残っていたフィルムをスキャンし、レタッチする。F3に昨日買ったFORTEPAN100を詰め込む。正午を待って外でグレーカードの写し込みを行う。新しい銘柄のフィルムや現像液を変える時は必ずこうやってデータを取る。まあメーカー推奨の現像方法(増感も含めて)に従っていれば大きな問題は無いのであるが、FORTEはデータが乏しいので。
13時前に家を出る。日射病を警戒して似合わない帽子を被る。どこに行こうかと有楽町線に揺られながら考えて、思い切って江戸川(正しくは旧江戸川)を目指すことにする。などと気合いを入れても1時間ちょっとあれば付いてしまうのだった。葛西で下りて、高架線路の下を川に向けて歩く。浦安へ至る橋の上から少し撮るも、空気がぼんやり霞んでいて良くない。そういえば光化学スモッグ注意報が出ていたことを思い出した。それから川沿いに海に向かって歩く。遊歩道が堤防の内側にあって視界が遮られているのがイマイチだが、ところどころ川原に下りられるようにはなっている。より下流になると親水堤防に替わった。途中公園があって、自動販売機を見つけたので休憩をとる。糖分ゼロの炭酸水500mlを飲む。ガスが思いの外きつく胃が苦しくなる。糖分ゼロなのだがステビアを使っていることに何とも矛盾を感じる。花壇があったので、少し撮る。再び川に戻って歩き、河口、というかここら辺は埋立地なので川の格好をした海というべきかも知れないが、そこに到着した時点で2本撮りきる。
日中の最も気温の高い時間帯に歩いていたにもかかわらず、さほど暑さを感じなかったのは川風のおかげであった。葛西臨海公園と京葉線の間の道路を駅方向に向けて歩くようになった途端蒸し暑さを感じて閉口する。駅で少し早いが冷やし中華の夕食を摂る。500円でお釣りが来たので、どのようなものか、と思っていたらやっぱり500円でお釣りが来る程度の内容であった。
駅のホームから都心部をみてぎょっとする。高層ビル群が、まったくほとんどスモッグの中に沈んでいたのだ。ビルの中には住宅も有るはずだが、あれでは窓を開けることなどとてもできまい。フィルムを使い切っていたのが残念。
和光市に戻ってスーパーでビールと冷凍枝豆と人参を買って帰る。自室に戻ると、19時を回っていたにも関わらず温度計は律儀に36℃を差していた。枝豆を解凍し、人参は適当に切って塩でもみ、ビールを飲む。朝霞かどこか近所で祭があるらしく、開け放した窓から花火の音が聞こえてくる。
風を通すため玄関も開けていたのだが、そのまま寝てしまったようで22時過ぎに目を覚ます。そのままぼーっとネットして、1時半頃からいきなり現像を始める。といっても2本しかないのだが。2ヶ月前に溶いたD−76が1リットルもあるので、ちょっともったいないが500mlを1回使っただけで捨ててしまう。いつもは4本、面倒だと時間を引っ張って6本くらい現像するのだが。しかしハレーション防止層なのか、現像液の色が真っ青になって出てきたのには驚いた。FORTEPAN400では経験したことがなかった。予備水洗を2回くらいやった方が良いのだろうか。






スポンサーサイト

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • 03:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM