スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

カーネル再構築

自前でデバイスドライバを書こうとすると、走っているLinuxをビルドしたときのソースが必要らしい。
現在使用しているのはPuppyLinux 4.3JPであり、uname -a によれば 2.6.30.5 #1 SMP だそうだ。
で、これが簡単に手に入れば話が早いのだけれど、探し方が悪いのか見つけられないのですね。
しかたいので、以下を実施。

適当なところからカーネルを拾ってくる。

適当な場所に展開、そこへのシンボリックリンクを/usr/src/linux としておく。

make manuconfig

とまあ、この辺までは順調だった。PuppyLinuxだとaufsを追加しなくてはならないのでこれも落としてくる。
この辺の手順はここに書いてあります。

で、make したらですね。

dentry_open の引数が足りない! といってエラーを吐きましたよ。
見てみると、dentry_openは4つの引数をとり、最後はstruct cred というものとる。これがaufs の中のxino.cでは使われていないのでありました。

うーむ。おかしい。
こういう時は大抵、バージョンが旧い(この場合aufs)のが原因なんですが。

で、aufs のサイトを読んでいたのですが...
2.6.30 あたりだと、aufs2 が必要らしい。本当だろうか?

スポンサーサイト

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • 23:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM