スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

AF Zoom Nikkor 28-100mm F3.5-5.6G


28mm

50mm

100mm

Us, 400NC EPSON GT-X970でスキャニング後、Nikon Capture NX2でごみ取り、リサイズのみ。

絞りは確か8か11。
28mm側で樽型歪みが分かるものの、思ったより少ない。一般にテレ側で糸巻き歪みに変わるのだけれど、ほとんど気にならない。
意外なのは50mmで、この画像では分かりにくいが中心部と周辺部の描画の差が大きい。光量差はともかく明らかに解像度が落ちている。

この手のズームはテレ側が甘くなりやすいのだけれど、この絞り値なら充分だと思う。ボケも自然。

発色についてはネガでテストしたこともあり何ともいえないが、妙な癖はない模様。発売時期的にSICが施されているはずである。尚、ネガであっても旧いレンズではカラーバランスが思うように追い込めないことも多い(このブログで過去に紹介したAF24-50等)。

Nikon のサイトにはこのレンズのページがまだ残っている(旧製品のページ)が、そこにあるMTF曲線を見る限り必ずしも解像度の高いレンズではないようである。しかし実写してみると特に甘さは感じられず、必要充分ではなかろうか。



スポンサーサイト

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • 01:23
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM