スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

NetMD

USBに繋ぐレガシーI/O(含む装置・機器)第3段! それは...

NET MD WALKMAN です。最近、最終モデルの出荷終了がアナウンスされましたね。NetMDの最大の問題点は付属してくるパソコン用ソフトが余りに使いにくいことでした。まあ、僕が買ったのは今から8年も前です(新潟から神奈川に出てきた頃)から、最終モデルではどうなっているか分かりませんが。
当然Windows専用です。Wineを通してもLinuxでは動きませんでした。

しかし、世間は広い!NetMDをLinuxで使おうという人もいるのです。

参考・引用サイトはこちら。

実はかなり以前に実験して挫折して以来、諦めていたのですが、NetMD終了のニュースを聞いて思い出し、再度実験してみることにしたのです。

OSは例によってLupQ511 です。手元のMetMDはMZ-NE810という型番です。
USBケーブルで接続し、System Infomation を開いてみるとちゃんと認識されています。おお!


上記サイトにはpython で動くツールがありますので、Ubuntu(Lucid) 用をダウンロードして動かしてみました。尚、使ったpyhton は2.7です。2.4以降ならいいようですが、3系はダメらしい。

netmd_dump とか、片っ端から走らせてみましたが、どうも曲名に日本語(というか非ascii)があると引っかかるようです。また、最初から予想していましたが何らかのライブラリが不足している模様。まあ、Puppyならしかたない。

プログラムを改変すれば何とかなるか。誰かやってないかしらん(どこまでも他力本願な俺)。


スポンサーサイト

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • 00:36
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM