スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ローカル局のフェージング、か?

チューニングダイヤルにはボールドライブを奢っているのですが、実家で使っていたときは局数が少ないこともあり、ダイヤル目盛をつけていませんでした。いずれ付けなくては。


実家に残してある私物をいい加減に片付けなくてならなくなり、先日少し引き上げてきたのですが、そのうちの一つ。自作の中波ラジオです。

内容はFETを使った再生検波です。アンプにLM380なんぞを使ったおかげで高電圧(といっても10V前後)を要し、合わせるACアダプタを選ぶラジオです。

実家のある新潟には中波は3波(NHK2波およびBSN)しかないので、選択度については然程神経を使っていなかったのですが、ここ関東ではどんなものか?果たして実用になるのか?おおいに興味があるところ。

結果はですね、充分実用になりました。NHK、NHK第2、AFN、TBS、文化放送、ニッポン放送、全て分離できました。



このラジオの特徴の一つが、この大型空芯コイルです。回路ゲインが大きいということもあり、アンテナ線、アース線なしで充分な出力を得ています。

但しバンド全体を俯瞰すると、出力にムラがあります。これは低い方はバリコンの、高い方はコイルのQが下がるためでして、AGCを装備していない以上しかたないところです。

また、電波の強弱(フェージングなど)が直接音の大きさに反映されます。で、聴いていて気づいたのですがAFNって割に音量レベルが動きますね。送信所はすぐ近くにありますのでフェージングではなく、単に変調レベルの管理上の問題なのかも。


スポンサーサイト

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • 20:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM