スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

驚愕の新事実

ペースは落ちたものの、暗室通いを継続しています。
で、仕上がったプリントの講評で指摘されたこと。

『眠い。』一見、トーンがよく出ているように見えるが、モノクロプリントをやる人が必ずといって陥るところだそうで、僕もその例に漏れなかったということ。

ええ、それは以前から気になっていました。原因はネガだそうです。ハイライト部分が延びてないので、よく言えば飛ばない、悪く言えば冴えのないネガとなっており、これはプリントでは救済できない。

この間まではT−MAX100だったのでそれでも我慢できる範囲だったのですが、現在は(薄暗い時に増感現像で逃げやすい)トライXなのでもはやごまかしようがありません。って、別にごまかそうとは思ってないけどさ。

トライXをxtol(1:1)で現像してきましたが、一からやり直しです。

手軽な対策としては現像液をT−MAXデベロッパーに変えるらしい。また、現像温度を上げるとか。そういえばそれまで25度前後でやっていたのを、オリエンタルイーグルの堅さ加減に閉口して20度へ落としたのでした。今は紙をニューシーガル?に戻したので、現像温度も戻した方がいいのかも。

スポンサーサイト

  • 2018.02.25 Sunday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM